TOP > 商品 > 商品一覧 > 高血圧・糖尿病 > アレノ(アグレノックスジェネリック)25mg/200mg (ARRENO 25+200mg 60 Cap)

アレノ(アグレノックスジェネリック)25mg/200mg (ARRENO 25+200mg 60 Cap)

  • ブランド
    インタスファーマ
  • 評 価
     ( レビューを見る )
  • 価 格
    ¥1,280
  • 獲得ポイント
    64pt
  • 数 量
  • 売り切れ
  • 正規品100%保障!
  • 配送100%保障!
    (追跡番号付きスピード配送)
  • 処方箋・診断書
    一切不要!!

商品説明

■ お申し込みの前に
必ずご利用規約をご理解の上、ケンコーライフ輸入代行サービスにお申し込み下さい。個人輸入については、こちらをご確認ください。アレノ(アグレノックスジェネリック)25mg/200mg (ARRENO 25+200mg 60 Cap)の使用方法、効果、副作用などの情報は、販売国の商品説明書や一般的な情報を和訳したものであり、ケンコーライフでは一切の責任を負いかねます。ご使用に 際しては、必ず医師など専門家にご相談ください。

■どんなお薬ですか。
アレノは、一過性虚血発作(TIA)や血栓が原因で脳卒中を起こした人の脳卒中再発リスクを減少させる抗血小板薬です。

脳血管障害のひとつである脳卒中は、血管の問題により酸素や栄養が脳へ運ばれなくなり、脳細胞が死滅してしまう疾患です。酸素が運ばれなくなった脳の神経細胞は数分以内に壊死するだけでなく、壊死した脳細胞は再生しません。そのため、その神経部分がコントロールしていた身体機能が動かなくなり、体の片側の麻痺、言語障害、ものが飲み込めなくなるなどの後遺症が残ることがあります。

脳卒中は、血管破損により起こる脳出血やクモ膜下出血と、血管が詰まることで起こる脳梗塞、一過性虚血発作などに分けられます。脳卒中が起こる原因として、高血圧、脂質異常症、糖尿病、喫煙、心臓病(心房細動)などが挙げられ、このうち高血圧からは脳出血に移行することが多く、また心臓病からは血栓による脳梗塞、そして残りは動脈硬化から一過性脳虚血発作が引き起こされ、最終的に脳梗塞へと至るケースが多いようです。
この一過性脳虚血発作(TIA)は脳梗塞の前触れ発作とも呼ばれ、脳の血管が詰まるタイプの脳卒中です。半身のしびれ感、軽い言語障害、視野が狭くなるなどの症状が現われますが、一般に数分以内もしくは24時間以内に症状が治まります。しかし、その後に適切な治療を行なわない場合は、約4分の1の割合で半年以内に脳卒中を起こすと言われています。

いったん脳卒中を起こした人は致死性の血管イベントを発症させるリスクが非常に高くなるため、それを予防するのに有効な抗血栓療法が必要不可欠になります。
抗血栓療法には、抗血小板療法、抗凝固療法、線溶療法があり、このうち抗血小板療法は主に再発予防のための治療で、血栓を作りやすくする血小板の働きを抑え、血液をかたまりにくくするのが目的です。抗凝固療法も同じく血栓抑制のほか、血管がふさがるのを防ぐことを目的としていますが、主に心臓内の血栓が原因で起こる脳塞栓症(心原性脳梗塞症)の場合に用いられます。また線溶療法は血栓溶解療法とも呼ばれる治療法で、脳血管にできた血栓を溶かす治療法です。

アレノには2種類の有効成分が配合されており、そのひとつであるジピリダモールは抗血小板薬に属する薬剤です。細胞内で情報を伝達する酵素のホスホジエステラーゼを阻害し、それによりcAMP(環状アデノシン一リン酸)濃度が増加することで血小板凝集抑制作用を示すほか、冠動脈拡張作用も持っています。
またアレノのもうひとつの主要成分であるアスピリンは、消炎鎮痛剤として頭痛薬などに使用されている成分ですが、その一方で、血液を凝固させる作用を持つ酵素であるシクロオキシゲナーゼ-1(COX-1)を阻害することにより、血小板の凝集を引き起こす物質のトロンボキサンA2の合成を阻害してその働きを抑制するため、血液が凝固して血管をつまらせるのを防ぎます。

最近の研究では、ジピリダモールとアスピリンの併用療法は、抗凝固療法と比べて効果が良好なだけでなく、抗凝固剤服用による治療よりも大出血イベント発症リスクを少なくとも60%以上減少することが報告されています。

さらにジピリダモールとアスピリンの併用療法は、アスピリン単独およびクロピドグレル単独といった療法と並んで、非心原性の脳卒中既往患者に対する治療オプションとして、脳卒中再発予防に対する国際的な治療ガイドラインにおいても推奨されています。

■服用方法。
下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。

通常、成人は1回1カプセルを1日2回(朝・晩)経口服用します。

・カプセルをつぶしたり噛みくだいたりせずに、飲み込んでください。

■副作用
アレノの服用中は出血のリスクを高め、また止血時間も通常より長くかかる傾向にあります。

・脳への出血(頭蓋内出血)により:眠気を伴う頭痛、精神錯乱または記憶の変化、意識喪失、卒倒

・胃または腸への出血により:胃痛、胸やけ、吐き気、吐血、コーヒー粉状の吐瀉物、赤色便または血便、タール状の黒色便
・心疾患の人における胸痛発現または悪化
・肝臓障害:肝機能検査値の上昇、食欲減退、淡色便、胃(腹部)周辺痛、黄だんまたは白色眼、暗色尿、そう痒

主な副作用
胃のむかつき、軽い胸のむかつき、吐き気、嘔吐、下痢、関節痛、めまい、頭痛

極稀に起こる重篤な副作用
黒色便、血便、タール状便、吐血、コーヒー粉状の吐瀉物、重度の吐き気・嘔吐・胃痛、3日以上の発熱、むくみ、10日以上続く痛み、頭痛、耳鳴り

■使用方法のご注意
以下の場合、アレノを絶対に服用しないでください。
・アレノの成分に対して過敏症の既往歴のある人
・NSAID薬に対して過敏症の既往歴のある人
・喘息、鼻水、鼻ポリープを併発している人
・18歳未満の人: ライ症候群を起こることがあります。

【慎重服用】
・アスピリン感受性喘息の人(アスピリン、NSAID服用後に鼻水、鼻詰まりを伴う呼吸が悪化した人)
・出血障害の人(血友病、ビタミンK欠乏、低血小板数など)
・血圧の低い人(低血圧など)
・心疾患のある人(狭心症、心臓発作など)
・胃に疾患のある人(潰瘍、胸やけなど)
・腎臓障害、肝障害のある人
・特定の筋肉障害の人(重症筋無力症など)
・鼻に腫瘍のある人(鼻ポリープなど)
・頭蓋内出血のある人
・アルコール摂取者、喫煙者:胃出血のリスクが高くなります。

【重要な基本的注意】
・アレノの服用により、頭蓋内、胃腸などの出血リスクが高まるほか、止血に通常よりも長くかかることがあります。

・アレノに含まれるアスピリン量では、心臓発作予防効果は期待できません。

・高齢者では出血などの副作用のリスクが高くなります。

妊娠中の人は、服用の有益性が危険性を上回ると判断される場合に限り服用を検討してください。

授乳中の人の服用による乳児への安全性は確立していません。

■ 有効成分
(遅延性抗血小板薬合剤)Dipyridamoleジピリダモール200mg・Aspirinアスピリン25mg合剤

■ 内容量
60カプセル

■ メーカー
Intas Pharma


お客様より頂いたレビュー

この商品の評価

  1. 60個入ってこの値段につられて注文しました。
    ちょっと生活のリズムが乱れている時に、めまいを感じたりしますけど、医者から貰ってた物でもそういう症状は出てたんで、ここのアレノは本物だと思います。
    注文から到着まで時間がかかったけど、まとめ買いで安く手に入るから、1週間ちょっとくらいなら待てますね。

ショッピングカート

配送状況検索

  • ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。